フォックス廻航記 2ndAge

ArcheAgeで日々航海を続ける弓師の航海記録
告知事項


当ブログはArcheAge(アーキエイジ)の話題を中心に一新しました。

AarcheAge http://archeage.pmang.jp/


頂いた英雄武器について検証してみました。

前回お伝えした通り武器としての等級は「黒曜石武器3段階の性能」ですが、等級が太初~伝説と高いので太初等級であれば黒曜石6段階の奇跡程度とそこそこの能力を持った武器となります。

英雄武器には一定確率の発動効果として英雄の権勢というユニークスキルが発動します。
武器の種類によって発動条件が異なるのですが、私が受領した英雄の弓では「遠距離攻撃時、一定の確率で相手周囲12m以内の敵を跪かせバフ効果を1個解除する」という能力があります。

この効果ですが「敵を跪かせ」とありますが特にモーションがあったり気絶のような足止め効果はありません。
ただし範囲のバフを奪い取るという能力は集団戦ではなかなか強く、ライフオーラ、賢者の詩、ゴッドブレスに関してはかなりの頻度で打ち消すことが可能です。

一定確率に関しては検証したところかなりのランダム値のようで、ラピッドファイア5発目で発動することもあれば50発撃っても発動しないこともあるようです。
クリティカル率との関連性も確認しましたが、これに関してもクリティカル率が高くてもあまり変わらない気がしました。
ただし弓は基本的に手数が多い武器ですので高確率でバフを奪いさることが出来ます。

他の英雄の方に聞いた限りですが杖などはスキルで発生した感電でも発動したと聞いてます。

英雄報酬の英雄像価値がほぼゼロになったバーターの褒章としてはちょっとしょぼい内容かもしれませんが、武器を使うだけで集団戦闘のスパイス的な役割をこなせるのは面白いかもしれません。

今月度の英雄報酬から内容が一部変更されました。
今までは最高の報酬内容として「神話等級の黄金の英雄像」「頭用の戦闘熟練ミサゴンスケイル」の二種類だったのですが、
今月度から「太初等級の黄金の英雄像」「頭用の戦闘熟練ミサゴンスケイル」「英雄用の武器箱」の3種類となりました。

ミサゴンスケイルは今までと同じものなのですが、英雄像の等級と英雄武器というものが新規に追加された感じです。
英雄武器は全部で4種類あり、開封時に選択肢できます。
11.jpg

各武器の性能はこんな感じです
555.jpg

性能的には黒曜石武器の3段相当なのですが、等級がかなり高いので奇跡6段よりは強いぐらいのバランスとなっております。

武器としては今時の水準から考えると決して強いものではないのですが、ユニーク発動効果がある感じです。
この内容についてはまだ検証ができていないので次回お伝えします。


おまけとなりますが、英雄像に関してなのですが今までの英雄像はかなり高額で店売りできたのですが、今回の報酬から店売り価格が二束三文の価格となりました。
ScreenShot0275.jpg
ScreenShot0273.jpg
これで実質ともに英雄は名誉職となりました(ミサゴンスケイルは強力なままですが)
[英雄武器について(英雄報酬の変更)]の続きを読む
案の定というかアーキエイジでサーバー統合が決定されました。
私のプレイするGeneサーバーはどうも難を逃れ統合から対象外になったのですが、嬉しさ半分戸惑い半分といったところです。



アーキエイジの公式ページでアンケートが実施されました。
内容は主にI鯖の事に関してですが、最後にサーバー統合に関しての内容がかなり具体的に入ってました。
こういうアンケートが実施された場合、かなりの確率で実施することが決定されていたりするのですが、仮にサーバー統合が実施された場合、多くの問題点が浮上すると思われます。

まず現在のプレイヤーが取得している土地の問題です。
サーバー統合となれば当然ながら土地は一度リセットされた状態で取り直しとなります。現在満足できる土地を確保している方にとってはプレイをする上で死活問題といえるでしょう。
この問題は単純に「納得できる場所に土地が取れない場合がある。」だけに収まらず、その土地に設置されていた家具などのアイテム類や保管庫の中身といった者が全てなくなってしまう可能性を秘めています。
また、ゲーム開始時よりこつこつと整備してきたハウジングの内容などもすべてやり直しとなります。
人によっては近所に遠征隊やフレンドなどが居たりして離れ離れになってしまう可能性もあるでしょう。
場合によっては課金アイテム等が消失することもあり得るのでとても厄介な内容だと思われます。

個人的に気になるのはUCCがどうなるかです。
現在サーバー間をまたいでUCCが施された物品は移動できなくなっています。
この事からアップロードされたUCCのデータはサーバー毎にあると予想されます。
サーバー統合が実施された場合、このUCCデータも全て消えてしまう可能性もありえます。
ハウジングに凝っている人はUCCを活用しています。インク等を補完してくれたとしても元データが飛んでしまっている場合もあり同じものが手に入らないという可能性もあるのです。
人によってまちまちではありますが、長い時間をかけて築いたものが白紙にされた状態で再出発をしようと考える人間はどれぐらいいるのでしょうか。。

では違う視点から考えてみましょう。
アンケートでは「コンテンツを完遂できるだけの人員が不足している」「偏った勢力バランスを是正したい」と言った理由が書かれておりました。
サーバー統合をすれば一時的かもしれませんが確かにサーバー毎のプレイヤー数は増加するでしょう。
ただし偏った勢力バランスに関してはほぼ全てが西高東低の状態であり、このバランスが偏った同士をくっつけたところで何も変わりません。
何より人口が一時的に増えたとしてもやり直しの面倒さからモチベーションが低下して見切りをつけてしまう人がかなり出るでしょう。

かくいう私もサーバー統合において上記のような問題が降り掛かった場合、とてもじゃないですが継続する気にはなりません。

アンケート期間は終わっており、どのような発表が待ち受けているのかわかりませんが、願うことならサーバー統合ではなくサーバー移動の方向で考え直して欲しいところです。

韓国ユーザーが新貿易まとめてくれてたから転載です。
http://www.inven.co.kr/board/powerbbs.php?come_idx=2641&l=12348



1.各地域の金貨交易像消えて大陸別」交易所」が生じます。
- すべての内陸の料理(熟成)販売は、大陸交易所の交易上に行われます。

- 交易所と遠い距離の特産品(熟成)ほど基本販売価格が高いが、従来と異なる点は物価がリセットされたり回復されず、交易所の在庫に基づいて物価が決まります。

- 各大陸別セグメントの交易所の在庫は別途運営されます。



2.大陸間海上貿易は「交易品」で行われます。
- 皆さんが交易所に販売する特産品(熟成)に基づいて交易品が自動的に生成されます。

- 各交易品が生成されには、それぞれ必要な地域特産品(熟成)本数があります。
(交易品が生成されると、特産品の在庫は減少します。)

- 交易品は「金貨」と「交易品取引証明書(生活スコア店)」で購入することができ生成された在庫数が多いほど安く購入することができます。

- 交易品販売内陸特産品販売よりもはるかに多くの金貨を得ることができる代わりに鮮度が付与され、可能な限り迅速運搬をする必要があります。

- 販売物価さらに、その交易所の保有在庫に応じて決まります。

- フリーダムロードの金貨交易がなくなります。



3.既存の黒炭貿易は内陸の「黒炭交換先」で行われます。
- 内陸の交易所で販売されている他の大陸の交易品を金貨と交易品取引証明書に購入して内陸に位置する黒炭交換先運搬して交換します。


4.金貨補償郵送時間が短くなって利率が低くなります。

- 販売8時間後、2%の利率に変更されます。