フォックス廻航記 2ndAge

ArcheAgeで日々航海を続ける弓師の航海記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰の更新です
ゲームプレイ自体はマンネリ化が進んでネタ的なものも無いので、気が向いたときにアーキエイジというゲームにおけるバックグラウンド的なものを書いていこうと思います。
で、栄えある1回目としては度々ゲーム内でも聞くことがある「最初の遠征隊」についてです。


最初の遠征隊とは、栄華の時代(全ての者が尊く輝いていた時代。世界の黄金期)にデルフィナードという町で結成された遠征隊「シャドウホーク」の事です。
この遠征隊は血統も気性もまったく異なるキープローザ・ダイアー、オーキッドナ、タヤン・カールジット、ジン・エバーナイト、メリッサーラ・リボラー、ルシウス・クィント、エアンナ、アーランゼブ、アーランゼビア、オロー、イーノック、ネイマー
という12人です。


ルシウスの記録

岩に刻まれた名前
天地がこの世に生まれ、母が万物を創って以来。 彼ら十二人が、生まれたところに帰ってきた最初の帰還者だった。 彼らが歩いた道は長い間忘れられていたが、彼らが帰ってきてしたことは、永遠に忘れられることはなかった。
岩に刻まれた名前は、数千年が経っても消えることはなかった。いつかここを訪れるものは、まず最初にこの名前を見るだろう。




この世界は最初の母神シオルが、最初に庭園を造り、続いて世界を造ったと伝えられている。
最初の遠征隊12人の隊員たちは、世界の根源とされるその庭園を探す旅に出ました。



最初の遠征隊が庭園の入口に到着した際、オーキッドナが悪魔の声に唆されて庭園の扉を開けてしまいました。オーキッドナは庭園の門番であったフェアリーの女王に代わり、門番の使命を受け継ぐこととなってしまいます。(庭園の門番であったフェアリーの女王は、解放後ヌイア大陸に移住した。)
この事により最初の遠征隊は庭園で長い間、留まることとなります。

庭園の中にあった「力の椅子」に座ったジン、エアンナ、アーランゼビア、オロー、イーノックはそれぞれ、キリオス、ヌイ、ダフタ、ゴン、ハジェという神の力を授かり神格化しました。
神となったキリオス(ジン)、ヌイ(エアンナ)、ダフタ(アーランゼビア)、ゴン(オロー)、ハジェ(イーノック)は、神々の世紀と呼ばれる時代に世界へと姿を現します。
神々の力によって世界が発展しましたが、同時に緊張と争いも増えてしまいます。
そして戦争の時代が到来し、世界の平和は崩れ、大小戦争が頻発します。

神格化していない残りの英雄、キープローザ、オーキッドナ、タヤン、メリッサーラ、ルシウス、アーランゼブ、ネイマーは、英雄の世紀と呼ばれる時代(平和が崩れた世界)に姿を現します。

オーキッドナは悪魔と取引を行い、庭園の門番から解放される代わりにウォーボーンの女王となってしまいました。

神格化したキリオス(ジン)が新オースト王国を建国し、真の戦争の神として生まれ変わり、英雄たちと戦争を繰り広げます。
英雄たちはキリオス(ジン)が庭園から世界に戻る前に、旧大陸の種族たちを移住させる事を決めます。
その時間を稼ぐために、タヤン、アーランゼブが順番に庭園に入りジンと戦いましたが相手は戦争と破壊の神キリオス、力及ばず命を落としてしまいます。
そしてヌイ(エアンナ)が自分を犠牲として、生き残った旧大陸の種族をヌイア大陸に移住させます。

そして栄華を極めた旧大陸は滅亡に至ります。



神とかいろいろ出てきますが史実であるという位置づけから考えてギリシア神話とかローマ神話みたいなものなんでしょうね
次回、気が向いたら旧大陸からヌイア大陸に全員移住した後の歴史話を書こうと思います。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/23(火) 13:04:19 | | #[ 編集]
Re: 初コメント失礼します
すみませんしばらく放置気味だったので返信遅れました

リンクとかは好きに張っちゃってください。リンクフリーです。
2016/09/02(金) 23:56:18 | URL | フォックス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dolfox.blog92.fc2.com/tb.php/345-159b662b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。